2019年10月7日

小野建・堺、ファイバーレーザー最新鋭機増設

 小野建は9月中旬に、堺スチールセンター(堺市西区築港新町)に最新鋭のファイバーレーザー切断機1基(アマダ製、出力=3kW)と付帯の10段パレットチェンジャー1基を増設、レーザー設備を2基体制とした。併せて鋼板用のベンディングマシン1基(アマダ製、170トンプレス)を新設、曲げ加工分野にも参入した。すでに、両設備については本格稼働しており、今後はH形鋼などの条鋼類、厚板のそれぞれの加工の小口・即納体制を強化するとともに、両製品のセットでの加工注文にも迅速に対応し、顧客にワンストップで加工製品を供給していく。レーザーの受注対象は建築、土木、製缶、板金などで、レーザー加工量については早い段階で、現状比倍増を目指す。

おすすめ記事(一部広告含む)