2019年10月9日

特殊鋼需要460万トンに減

 経済産業省がまとめた2019年度第3四半期(10―12月)の見通しによると、特殊鋼熱間圧延鋼材需要は前期比0・2%減の460万トンと4四半期連続で減る。内需は堅調な自動車需要を背景に4期ぶりに伸びるが、輸出は4期連続で減る。前年同期比では高水準だった前年同期の反動で内需が減り、外需は米中摩擦の影響などで減り、全体も4期連続で減る。

おすすめ記事(一部広告含む)