2019年10月17日

JST、超低損失ナノ結晶薄帯量産化にめど

 科学技術振興機構(JST)は、超低損失ナノ結晶薄帯の量産化にめどを付けた。モーターなどに使用される電磁鋼板よりも電気エネルギーの損失を少なく抑えられ、電気自動車(EV)用モーター用途をはじめ幅広い分野で応用が期待される。

おすすめ記事(一部広告含む)