2019年10月17日

扶和メタル、ドローンサービス事業好調

 扶和メタル(本社=大阪市、勝山正明社長)が新規事業として立ち上げたドローン(小型無人機)を活用した測量などのサービス事業が好調だ。同社では2019年12月期から3カ年の中期経営計画を初めて策定。中計では主力の鉄スクラップ事業の強化に加え、新規事業の立ち上げによる規模拡大を掲げており、今年4月に設立した「扶和ドローン」は成長戦略の一つとしての期待がかかっている。

おすすめ記事(一部広告含む)