2019年10月29日

グローバル・フォーラム 延長合意できず 大多数賛意も中国反対

鉄鋼の過剰生産能力に対処する多国間の枠組み、グローバル・フォーラム(GF)は26日、都内で閣僚級会合を開き、4年目以降の延長で合意できなかった。延長を含む閣僚報告書案に大多数の参加国・地域が賛意を示したが、中国は目的を達成したGFは2019年末で終了すべきとして同意せず、全体の合意に至らなかった。多国間の取り組みを継続するよう、今後は新たな枠組みを模索する。中国は既存のチャネル、産業界の関係者を通じて国際協力する意向を示した。GFは3年で区切りを付け、鉄鋼過剰能力問題には別の形で取り組むことになる。

おすすめ記事(一部広告含む)