2021年10月5日

グローバル・フォーラム、構造的な過剰能力継続 需要なき政府支援 投資回避を

 鉄鋼の過剰生産能力に対処する多国間の枠組み、グローバル・フォーラム(GF)は1日、閣僚会合をテレビ会議形式で開いた。最大の生産国の中国など一部を除く主要生産国が参加し、新型コロナウイルス禍からの経済回復で鋼材市況が上昇しているものの、構造的な過剰生産能力が継続している点を確認した。閣僚報告では、需要の裏付けがなく政府支援によって能力投資が進む事態は厳に避けるべきと強調した。中国がGFから離脱した状態が続くが、過剰能力解消に向けて今回も欠席のインドを含め、主要生産国が関与する重要性について確認した。

おすすめ記事(一部広告含む)