2019年11月12日

ニッケル系ステンレス冷薄、店売り価格が上伸 流通、コスト高転嫁推進

ニッケル系ステンレス冷延薄板の店売り価格が上伸している。今月初旬段階での各地区の市中相場は、関東・関西地区のSUS304ベースサイズ(2ミリ、2B)はトン当たり35万―36万円、中部地区は36万―37万円、東北地区は34万円と、先月同時期に比べ約1万円方上昇した。流通筋ではコスト上昇分の価格転嫁を進めており、市況はさらに続伸するものとみられる。

おすすめ記事(一部広告含む)