2019年11月14日

日鉄ステンレス鋼管 溶接ステンレス鋼管全品種、1月出荷から10%以上値上げ

日鉄ステンレス鋼管(本社=東京都千代田区、川端廣己社長)は、溶接ステンレス鋼管全品種について、2020年1月出荷分から現行価格比で10%以上の値上げを実施する。

配管用ステンレス鋼鋼管(TPA・TPY)、一般配管用ステンレス鋼鋼管(TPD)をはじめ、ステンレス鋼サニタリー管(TBS)、ボイラ・熱交換器用ステンレス鋼鋼管(TB)、装飾管、排ガス管などのすべての品種を対象に、適正な販売価格の実現に最優先に取り組む考え。

おすすめ記事(一部広告含む)