2019年11月18日

日本製鋼所、中計数値計画を見直し 20年度営業益210億円

 日本製鋼所は、2020年度までの現行中期経営計画「JGP2020」の数値計画を見直し、最終年度では連結ベースで売上高2350億円、営業利益210億円、ROA(総資産利益率)5%、ROE(自己資本利益率)11%にそれぞれ目標を切り替えた。15日に都内で開催された同社決算説明会で、宮内直孝社長が明らかにした。

おすすめ記事(一部広告含む)