2021年11月22日

日本製鋼所 クラッド鋼管事業縮小

日本製鋼所は、日本製鋼所M&E(本社=北海道室蘭市)で製造するクラッド鋼管事業を縮小する。19日に同社本社内で開催された決算説明会で、宮内直孝社長が明らかにした。今後は幅広い分野で中・長期的にも需要が見込まれるクラッド鋼板の製造・販売に重点を置き、クラッド鋼板・鋼管事業は「年間売上高70億―80億円規模で、安定的に黒字を確保できる体制を整える。2021年度下期から縮小を進め、23年度で状況を確認する」(宮内社長)方針。

おすすめ記事(一部広告含む)