2020年1月7日

11月末薄板3品在庫 減少基調維持、432万トン

 11月末の国内向け薄板3品在庫(メーカー・問屋・全国コイルセンター工業組合の合計、速報値)は前月比0・1%、4000トン減の432万3000トンとなり、減少基調を維持した。ただ、9月と10月に前倒しで在庫削減が進んだこともあり、減少ペースは緩やかなものにとどまった。国内外の需要停滞で、メーカーは減産を続けているが、輸入材の増加もあり、在庫調整は遅れ気味との指摘が強い。

おすすめ記事(一部広告含む)