2020年1月21日

F&CHD、東北の加工・物流強化

 特殊プレート製造・販売大手のF&Cホールディングス(名古屋市、藤巻秀平社長)傘下のF―MAX(群馬県邑楽郡大泉町大字上小泉363―1、中嶋邦彦社長)はこのほど、特殊鋼流通加工のテー・ビー・ケー(宮城県岩沼市下野郷新関迎102―1)の全株式を取得し100%グループ会社化した。グループの東北事業を担うF―MAXは同エリアに3拠点を擁しているがいずれも営業所であるため、テー・ビー・ケーの既存事業を軸にグループの加工・物流拠点としても活用する。東北事業の再編で幅広いシナジー創出を図っていく。

おすすめ記事(一部広告含む)