• 産業新聞購読者用ログイン
  • 産業新聞とは
更新日: 2020年2月10日

日本製鉄、生産設備構造対策を加速

 日本製鉄は7日、追加の生産設備構造対策を発表した。日鉄日新製鋼・呉製鉄所の鉄源(第1高炉、焼結、製鋼)を含めた全設備、和歌山製鉄所の第1高炉、名古屋製鉄所の厚板ラインなどを段階的に休止する。日本製鉄は過去50年間にさまざまな難局に直面し、高炉休止を伴う大合理化を実行してきたが、一貫製鉄所を閉鎖するのは初めて。2020年3月期は、約4900億円に上る減損損失を計上し、過去最大となる4400億円の最終赤字決算となる。ここまでして設備構造対策に踏み切る背景には、実質単独赤字が3年半にわたって続くという収益構造に加えて、アジアの鉄鋼需給構造不況、日本の鉄鋼生産設備構造不況に対する極めて強い危機感がある。 ...

産業新聞DIGITALで読む




このエントリーをはてなブックマークに追加

産業新聞とは
産業新聞購読申込み
産業新聞PC版申込み
産業新聞DIGITALのご案内

産業新聞購読申し込み

産業新聞PC版申し込み

WEB・電子版に関するお問い合わせ

=06-7733-7050

受付時間:平日10:00~18:00

記事内容・配達に関するお問い合わせはこちら

検索

日付
RSSフィード
Google+

相場・統計データはこちら

日本鉄スクラップ総合価格 (メーカー炉前平均)(産業新聞)

 2020/02/25
H2新断プレス
20200円 (―)22200円 (―)
180.5ドル (1.91)198.37ドル (2.1)

 換算レート (TTS) 111.91円 / ドル
 * 東京・大阪・名古屋の3地区電炉メーカー購入価格平均(トン当たり)

2020/02/25調べ (△印は上げ、▼印は下げ)
(円/トン)
品種東京大阪
条鋼類
異形棒鋼
SD295(直送)D16-25
6800061000
H形鋼
5.5/8 x 200 x 100
79000-78000
鉄スクラップ
H295008000

鉄鋼市場価格へ

現金(円/kg)
品種 東京大阪
高値 安値 高値 安値
地金
電気銅 -654 -649 -652 -647
電気亜鉛 -277 -271 -277 -271
電気鉛 263 260 263 260
アルミ二次地金 99% 195 190 195 190

非鉄金属市場価格へ