2020年4月8日

日本製鉄、高炉2基一時休止へ

日本製鉄は7日、新型コロナウイルス感染拡大の影響など足元の急激な需要減少を踏まえ、鉄鋼の大幅減産を実施すると発表した。東日本製鉄所鹿島地区第1高炉と関西製鉄所和歌山地区第1高炉について送風を停止し再稼動可能な状態で休止するバンキングを行う。鹿島は4月中旬以降、和歌山は同下旬以降、準備でき次第実行する。今後も国内外の鉄鋼需要動向の変化に対応し、迅速に生産対応を図る方針。

おすすめ記事(一部広告含む)