2020年2月14日

神栄鉄鋼、鋼板開先機1基更新

神栄鉄鋼(本社=兵庫県多可郡、塩谷秀和社長)は年内にも、本社工場の4面BOXの母材用の鋼板開先機2基のうちの1基をシンクス製の最新鋭機に更新する計画。4面BOXの母材の厚板を開先加工する設備で、老朽化が目立っていたことから、これに対応するのが狙い。これ以外には老朽化している溶接機の一部を更新するとともに、夏場の暑さ対策として、工場の屋根の塗り替え工事を予定している。

おすすめ記事(一部広告含む)