2020年2月17日

浦安景況調査 1月 荷動きいぜん低調

 浦安鉄鋼団地協同組合(理事長=湊義明・野村鋼機社長)がまとめた1月の景況実感調査(対象=144社、回答率94・4%)によると、前月から収益状況(粗利)が改善した企業は前月比5・3ポイント上昇の12・7%にとどまった。前年同月比で改善した企業も2・4ポイント上昇の10・6%と少なく、悪化した企業が3・5ポイント上昇の59・1%で最も多かった。各品種とも依然として荷動きが低調で、先行き不透明感が一段と強まっている。

おすすめ記事(一部広告含む)