2020年2月20日

関東普通鋼 電炉 14事業所 2月粗鋼35万トン前後

 関東地区普通鋼電炉メーカー14事業所の2020年2月粗鋼生産量は、35万900トン前後になる見通しだ。2月は形鋼類、鉄筋棒鋼ともに国内向け出荷が著しく低迷する中、設備投資関連工事が終了した一部メーカーが粗鋼生産を再開するとともに、各社ともに年始の炉休を実施した1月に比べて増産する傾向にあり、粗鋼生産は前月比で大幅プラスとなる見込みで、9社が増産を計画している。

おすすめ記事(一部広告含む)