2021年10月6日

関東地区 異形棒鋼市況強ムード

関東地区で基調が上向き始めた鉄スクラップ価格が異形棒鋼の市況ムードを強める見方が浮上している。大型物件や土木向けは動いているものの需要の多くを占める中小物件の出件が鈍く、商談は不活発なまま。市況はトン8万9000円(ベースサイズ・直送)どころでこう着状態だが、一部メーカーが追加値上げに動き出しており、原料高を背景に市況は再び強気を取り戻す可能性がある。

おすすめ記事(一部広告含む)