2020年3月23日

高力ボルト 納期、騒動前水準戻らず

 国土交通省は、建設現場での高力ボルトの需給動向などに関する4回目のアンケート調査を実施し、その結果を受け現状を「納期は大幅に改善され、概ね需給のひっ迫が収束に向かっている状況」と結論付けた。ただ、納期が高力ボルト騒動前の水準には回復しておらず、引き続き同省が作成した「発注様式」の活用の徹底を呼び掛けている。

おすすめ記事(一部広告含む)