2020年3月31日

普通鋼輸出、2月182万トンに増

 2月の普通鋼鋼材輸出量は前年同月比22・6%増の182万3000トンとなり、2カ月連続で増加した。前年度の高炉トラブルの反動となるが、3月中旬からは新型コロナウィルス感染拡大の影響で、各国で移動規制が強化され、工場停止ドミノのような様相を強めている。こうした中、インドなど一部ミルではオファー価格を引き下げる動きも顕在化しており、海外市況はホットコイルの下値が400ドル台前半に下落し、先行き不透明感を一段と濃くしている。

おすすめ記事(一部広告含む)