2020年4月20日

世界鉄鋼協会、4―6月需要減見込む

 世界鉄鋼協会は17日、短期需要見通し公表延期に代わる暫定的な見解を発表した。新型コロナウイルスの感染拡大で需要家の活動休止や投資、建設の遅れ、原油価格の下落などが生じたと指摘。4―6月は世界的な鉄鋼需要減が見込まれるとした。一方で今後のGDPのマイナス成長による影響はサービスや消費分野主体のため、産業活動の深刻な低下を招いた2008年の金融危機時に比較すると鉄鋼需要への影響は小さい可能性があるとも指摘した。短期見通しは先行きがより見える前提で6月公表を予定する。

おすすめ記事(一部広告含む)