2020年5月15日

川本鋼材、新切断加工システム構築

地区大手特殊鋼加工・流通の川本鋼材(本社=愛知県あま市北苅三本柿151―1、川本芳裕社長)はこのほど、本社特殊鋼センターで超硬丸鋸切断機をリプレースするとともに、新設した産業用ロボットも付帯する、IoTを活用した一段の生産効率化を図る新切断加工システムを構築した。小ロット多品種生産が特長の同社加工体制の、自動化を主眼とした高度化を目指す新たな取り組みで、6月にも本格稼働に入る。

おすすめ記事(一部広告含む)