2020年6月25日

JFEエンジ・地震対策商品 大変位吸収鋼管が海外初受注

 JFEエンジニアリング(本社=東京都千代田区、大下元社長)は24日、インフラ強靭化につながる独自商品「大変位吸収鋼管」が、カナダの下水処理場の放流管新設工事で採用されることが決まったと発表した。この大口径管は直管部に予め変形しやすい波形管部(凸部)を設けることで、数メートルの地盤変位に対しても管に亀裂や漏水を生ずることなく通水機能を確保できる地震対策用の水道鋼管。海外での受注は初めて。国内では北陸農水局や北海道開発局で採用されている。2021年1月に納入予定で、受注金額は約4億円。

おすすめ記事(一部広告含む)