2020年6月26日

緒方鉄工所、新工場棟を建設 高難度の鉄骨製作対応

緒方鉄工所(本社=兵庫県たつの市新宮町大屋、緒方宏紀社長)は今月、本社工場事務所前に新工場棟「第二工場」を建設した。既存工場の繁忙に加え、鉄骨の預かりの増加などにより、工場の全体スペースが手狭となっていた。これの解消を図るとともに、高強度鋼などを使用した難易度の高い建築鉄骨案件において、工場規模の拡大と生産体制の再整備を行ない、対応力を強化するのが目的。第二工場は当初、鉄骨置き場として使用するが、11月には本社工場棟から大組立柱溶接ロボット2基、連続コア溶接機1基を移設する計画。今後は超高層建築や大型工場など高い技術力を求められる物件の受注・製作量をさらに増やしていく。

おすすめ記事(一部広告含む)