2021年2月26日

緒方鉄工所、高難度鉄骨受注を強化

緒方鉄工所(本社=兵庫県たつの市新宮町、緒方宏紀社長)は難易度の高い鉄骨の受注・製作を推進する。昨年11月には第一工場から近接する第二工場に柱大組立溶接ロボット2基(重量=15トン対応)、連続コア溶接機1基を移設し、工場全体の生産性を引き上げ、生産・製品在庫スペースの充実化を図った。今後は20トン対応の柱大組立溶接ロボットの導入を検討しており、高難度の鉄骨をより高精度で、短納期対応できる体制をさらに強化する方針。

おすすめ記事(一部広告含む)