2020年7月16日

大和ハウス、耐震吊り天井を開発 関包スチールなどと共同

大和ハウス工業は14日、地震時の崩落リスクを低減できる耐震吊り天井「Dタフ天井」を開発したと発表した。鋼板加工大手の関包スチール(本社=大阪市、谷本隆広会長兼CEO)や宇都宮工業、澤田建装との共同開発で、関連特許を出願済み。有事の際の事業継続や早期復旧に配慮した商品として、商業施設や事務所などの建物向けに提案する。

おすすめ記事(一部広告含む)