2020年8月4日

エンビプロHDVOLTA、廃電池の扱い拡大 産廃処分業許可を取得

エンビプロ・ホールディングスは7月31日、グループ会社で廃リチウムイオン二次電池などのリサイクルを手掛けるVOLTA(静岡県富士宮市、オ ミンジェ社長)が、使用済みリチウムイオン二次電池など(以下、廃電池)の処理に対応した産業廃棄物処分業許可を取得したと発表した。これに伴い、従来有価物の廃電池のみを取り扱っていたところ、今後は希少金属含有率の低い廃電池の扱いを可能化。事業領域を拡大した。

おすすめ記事(一部広告含む)