2020年8月5日

日本製鉄、事業損益1200億円の赤字

日本製鉄は4日、2020年4―6月期連結決算(IFRS)を発表し、未定としていた21年3月期の事業損益予想を1200億円の赤字(前期2844億円の赤字)とした。通期の単独経常損益予想は2000億円の赤字と前期の404億円の損失から赤字幅が膨らむ。鋼材需要は下期に製造業中心に回復するとみるが、新型コロナウイルス流行前に比べ低位にとどまる見込み。固定・変動費の圧縮など収益改善策を進め、下期は事業利益予想300億円と黒字化を図る。

おすすめ記事(一部広告含む)