2020年8月11日

溶接鋼管専業3社、各社とも減収減益 4―6月

 溶接鋼管専業上場3社の2020年4―6月期決算が7日出そろい、各社とも減収減益となった。新型コロナウイルス感染拡大で住宅・建築着工件数が減少、自動車生産も大幅に減少するなど、国内需要の主要部門が鈍化していることが各社の業績に影響した。通期業績予想については、新家工業のみ未定としている。

おすすめ記事(一部広告含む)