2021年5月17日

溶接鋼管専業3社 前期2社経常減益 今期は2社増益見通し

溶接鋼管専業メーカー3社の2021年3月期連結決算は、丸一鋼管が増収増益の一方、モリ工業、新家工業の2社が減収減益と結果的に明暗が分かれた。丸一鋼管は丸一ステンレス鋼管の新規連結効果で売上高が前年度比4・0%増となったが、実質は約10%強の減収。3社総じて厳しい業績結果となった。22年3月期は経常利益ベースで丸一鋼管と新家工業が増益、モリ工業が横ばいの見通し。

おすすめ記事(一部広告含む)