2020年8月13日

高炉3社 通期予想、軒並み大幅赤字

 高炉メーカー3社の2021年3月期連結業績予想が12日に出そろい、いずれも大幅な赤字となる見通しだ。日本製鉄は事業損失1200億円(前期2844億円の赤字)、JFEホールディングスは事業損失1000億円(378億円)、神戸製鋼所は経常損失600億円(80億円の赤字)の予想。「需要は下期に製造業中心に回復するが新型コロナウイルス感染拡大前の水準には戻らず、厳しい経営環境が続く」(日本製鉄の宮本勝弘副社長)。上期に粗鋼生産が大幅に減り、下期も減産影響は残る。中国の鉄鋼増産による原料高のなか、高炉各社は製造体制の見直しによるコスト削減や鋼材価格の是正を進め、追加施策も検討する。

おすすめ記事(一部広告含む)