2020年8月24日

関西地区 形鋼流通、採算改善が急務

関西地区の形鋼流通は採算改善が急務となっている。4―6月期で減益のケースが多く、採算が大幅に悪化している。メーカーはH形鋼と一般形鋼でトン当たり5000円の値上げを表明しているものの、特約店からユーザーへの価格転嫁が完遂していない。

おすすめ記事(一部広告含む)