2020年9月16日

共英製鋼、10月異形棒販価3000円上げ

 異形棒鋼電炉最大手の共英製鋼は16日、10月販売分の異形棒鋼価格をトン当たり3000円引き上げると発表した。値上げは2カ月連続。6月販売分から継続的に値上げを進めてきたが、電炉主原料となる鉄スクラップ価格が一段と値上がりしていることなどもあり、「再生産可能な販売価格に至っていない」(同社)として値上げを決めた。

おすすめ記事(一部広告含む)