2018年8月22日

共英製鋼、異形棒5カ月ぶり値上げ コスト高転嫁急務

 異形棒鋼国内最大手の共英製鋼は22日、9月販売分の異形棒鋼価格を全事業所で前月比トン当たり2000円引き上げると発表した。販価引き上げは5カ月ぶり。国内鉄スクラップ価格が依然として高値推移する中、電極や合金鉄などの資材価格や輸送費の値上がりで諸コストが上昇しており、採算確保に向けて「コスト上昇分を製品販価へ転嫁することが急務」(同社)として値上げを決めた。

おすすめ記事(一部広告含む)