2020年9月17日

トヨタ下期、鋼材支給価格据え置き

 複数の部品メーカー筋によると、トヨタ自動車は部品査定の基準とする2020年度下期(10月―21年3月)の鋼材支給価格を上期の水準で据え置くことを決めた。2期連続の横ばい。鉄鉱石や原料炭の価格推移や為替変動などを基に鉄鋼メーカーとの間で協議するフォーミュラ型の価格交渉を受けたもので、原料価格や為替が大きく変動しなかったことが要因とみられる。トヨタの支給体系で代表品種ともいえるホットコイル価格は7万6500円(トン当たり)。

おすすめ記事(一部広告含む)