2020年10月14日

JX金属 伸銅品下期、月3100トン計画

JX金属は2020年度下期(20年10月―21年3月)の伸銅品販売量を上期より100トン多い月平均3100トンと計画する。車載関連需要の底入れにより、リン青銅条と黄銅条が増加すると見込む。上期に堅調だったコルソン系銅合金条や圧延銅箔、チタン銅箔はスマートフォンやタブレット端末向けの需要が一服すると予想するが、販売量はおおむね横ばいで推移するとみている。

おすすめ記事(一部広告含む)