2020年9月30日

1―6月丸形電極生産51%減 内外とも需要低迷、下期は回復見込む

炭素協会(会長=長坂一・東海カーボン社長)がまとめた1―6月実績によると、人造丸形電極の生産量は2万4724トンと前年同期比51・4%減った。出荷量は2万6718トンと同47・6%減少した。新型コロナウイルス感染拡大の影響で、国内外ともに経済活動が停滞し、鋼材需要が低迷。在庫調整の遅れもあり、電極需要が落ち込んだ。下期は在庫調整の進展に加え、内外とも鉄鋼生産回復による需要回復を見込む。

おすすめ記事(一部広告含む)