2020年10月22日

東洋炭素、炭素繊維強化炭素複合材 熱処理用治具向け開発

東洋炭素は、一般工業炉や環境・エネルギーなど幅広い分野の熱処理用治具向けに対応する高強度の炭素繊維強化炭素複合材料(C/Cコンポジット)を開発した。熱処理工程でオイルクエンチ(油による急冷)時のオイル浸み込みを防止し、品質向上や環境負荷低減に寄与する。今月からサンプル出荷を開始し、2021年7月の量産開始を予定している。

おすすめ記事(一部広告含む)