2020年10月26日

東京製鉄、4―9月経常益53%減 コロナ禍で生産減、スプレッドも縮小

 東京製鉄が23日に発表した2020年4―9月期の単独経常利益は、前年同期比53・9%減の36億7900万円となった。4―9月期決算の経常減益は2期ぶり。今村清志常務取締役営業本部長は、「コロナ禍で田原工場をはじめ生産減少を余儀なくされた。また鉄スクラップ価格が上昇し、7月契約分で製品値上げを実施したものの浸透が遅れ、メタルスプレッドが縮小したため、収益が悪化した」とコメント。

おすすめ記事(一部広告含む)