2020年10月26日

POSCO、7―9月純利益4.9倍 生産・販売がコロナ禍前水準回復

 韓国のPOSCOが23日発表した7―9月決算によると、連結純利益は5140億ウォン(464億円)と4―6月比4・9倍に増えた。自動車向け需要回復などで鉄鋼生産、販売量がコロナ禍前の水準を回復し、固定費負担が軽減した。高付加価値品の拡販や年間4000億ウォン規模の原料投資収益も寄与した。建設、エネルギー、電池材も好調だった。10―12月は販売量、収益とも改善が続く見通し。年間計画は維持した。

おすすめ記事(一部広告含む)