2020年11月13日

中央鋼材 フォーミング3品種販価、12月から5000円上げ

関東地区の大手流通、中央鋼材(本社=東京都中央区、後藤信三社長)は12月からコラム・角パイプ・軽量C形鋼のフォーミング3品種で値上げを実施する。メーカーの上げ幅に対応し、トン5000円の価格転嫁を行う。同時に赤錆のカラーC形鋼・角パイプはトン5000円のエキストラ改定も進めるなど、フォーミング製品を対象に全面的な価格改善に着手する。

おすすめ記事(一部広告含む)