2021年2月18日

中央鋼材、フォーミング3品種1万円追加値上げ 22日から

 関東地区の大手流通、中央鋼材(本社=東京都中央区、後藤信三社長)は22日販売分からコラム・角パイプ・軽量C形鋼のフォーミング3品種で追加値上げを実施する。仕入れコストの高騰を受け、トン1万円の値上げを行う。昨年12月から実施している5000円の値上げを含めると、累計の上げ幅は1万5000円となる。積み残し分の浸透を図りつつ、採算改善の動きを加速する。

おすすめ記事(一部広告含む)