2020年12月2日

主原料価格 1―3月、鉄鉱石12%上伸

高炉大手が調達する主原料の四半期価格が定まってきた。業界関係者によると、スポット価格を反映する鉄鉱石の来年1―3月価格は10―12月比12%高と上昇傾向が続く。10―12月の原料炭は7―9月比5・5%高と3四半期ぶりに上がる。特に原料炭は中国と豪州の対立が絡み、豪州炭が値崩れする一方、米国、カナダ炭が上昇するいびつな展開。中国の豪州炭輸入再開のシナリオも見えず、悪天候の影響を受けやすい時期に入り、需給も要注意だ。

おすすめ記事(一部広告含む)