2020年12月11日

トーネジ、木・金属接合構造に注力 認定取得し採用目指す

ボルトメーカーのトーネジ(本社=茨城県つくば市、岡部純社長)は、木製部材と金属部材を組み合わせたハイブリッド構造建築工法を開発し、普及に注力している。本年度内に性能認定や特許を取得し、当面の目標として年間5―6件のハイブリッド構造建築の採用を目指す。

おすすめ記事(一部広告含む)