2020年12月15日

ヤマトスチール、1月出荷H形5000円値上げ 店売り向け、1契一般形も

ヤマトスチール(本社=兵庫県姫路市、山内靖彦社長)は15日、来年1月7日出荷分からの店売り向けH形鋼販売価格と同1月契約分の一般形鋼(溝形鋼・I形鋼)価格を前月比でトン当たり5000円引き上げると発表した。値上げは2カ月連続。新型コロナウイルスからの経済回復が進む中国をはじめ海外で鉄鋼生産が増え、電炉主原料の鉄スクラップ価格が高騰しているため「製品販売価格を再構築する必要がある」(同社)と判断した。

おすすめ記事(一部広告含む)