2020年12月18日

大手流通 月内の新規受注停止 薄板全種、1月5000円追加値上げ

国内鉄鋼メーカーや輸入鋼材の相次ぐ薄板値上げや店売り向けの引き受け削減を受け、商社やコイルセンターは採算悪化への危機感を強めており、ここにきて価格転嫁や在庫確保に向けた動きが一段と慌ただしくなっている。ある大手流通は薄板全品種で定尺品の新規受注を今週から一時的に停止するとともに、来年1月受注分からトン当たり5000円の追加値上げを行うことを決めた。市場では品種を問わずナイモノ高が加速しており、年末から年明けにかけて騰勢を強めそうな流れにある。

おすすめ記事(一部広告含む)