2020年12月18日

1―9月世界ステンレス粗鋼生産 7.8%減少

 世界のステンレスメーカーが加盟する国際ステンレス鋼フォーラム(ISSF)が17日に発表した1―9月の世界ステンレス粗鋼生産量は3671万2000トンと前年同期比7・8%減となった。新型コロナウイルス感染症影響などに伴う景気低迷によって、7―9月は欧州や米国、中国と韓国を除くアジアは前年同期比マイナス。一方、建設や製造業向けで好調を維持している中国、その他(ブラジル、ロシア、南アフリカ、韓国、インドネシア)は増加し、地域ごとで明暗を分けた。欧州と米国は感染拡大が続いており、当面、低調な生産が続く見通し。

おすすめ記事(一部広告含む)