2020年12月23日

米カルバート電炉新設 日本製鉄が正式契約

 日本製鉄は22日、欧鉄鋼大手のアルセロール・ミッタルとの米薄板製造合弁事業、AM/NSカルバートの電炉新設で正式契約を結んだと発表した。熱延ミル以下の薄板工場に、約7億7500万ドル(約800億円)をかけて年産150万トンの電炉製鋼の上工程を新設し、2023年上期に稼働する。スラブ調達期間の短縮、高温スラブ使用による生産性向上、米国内スラブ調達比率向上などを通じて競争力を高める。

おすすめ記事(一部広告含む)