2021年1月6日

高炉3社 災害件数、3件減の49件 20年安全成績、死者数4人減

日本製鉄、JFEスチール、神戸製鋼所の高炉3社(鉄鋼部門のみ)の2020年の安全成績(速報)が5日までにまとまった。災害件数は前年比3件減の49件、このうち災害による死者数は4人減の3人だった。各社ともに安全対策は最優先テーマとしており、危険区域への立ち入り禁止、ITを使った作業員の位置把握、安全ルールの徹底などの取り組みを進めている。件数・死亡者いずれも前年に比べて減少し、一定の成果が見られたが、無災害にはなお課題が残る結果だった。中でも死亡者はいずれも協力会社の人で、改めて直協連携の必要が求められそうだ。

おすすめ記事(一部広告含む)