2021年1月15日

CC出荷、11月127万トン回復基調が一服 入荷増えず販売に制約

全国コイルセンター工業組合(理事長=小河通治・小河商店社長)がまとめた流通調査結果によると、11月の出荷量は前月比4・8%減の127万1157トンとなり、3カ月ぶりに減少した。前年同月比では6・4%減と前月の同4・1%から減少幅が広がり、6月以降続いていた回復基調は一服した。前月から稼働日が減少したことに加え、鉄鋼メーカーからの入荷が増えず、販売面で制約を受けたことも要因となった。

おすすめ記事(一部広告含む)